あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/06/02(水)   CATEGORY: 1990年
    【#84】天皇陛下御在位六十年記念硬貨大量偽造事件
    1990年(平成2年)1月29日、在位60年金貨の大量偽造が発覚した。偽造された金貨の枚数は10万7946枚に上り、額面が10万円であったため被害額は107億9460万円という巨額であった。

    発覚


    1990年1月29日、日本国内最大手の貨幣商がスイスから輸入した10万円金貨1000枚を、東京の都市銀行に預けたところ、チェックしていた銀行員がそのうち1枚の包装に違和感を覚えた。その為、日本銀行および警視庁科学捜査研究所で鑑定したところ、預けられた1000枚すべてが偽造であることが判明。その後の調査で偽造された金貨が2年前から日本に流入していたこと、しかも確認された偽造金貨10万7946枚のうち8万5647枚が日本銀行に還流していたことが判明した。このように大量の金貨が日本に還流していたことが不審に思われなかったのは、発行当時にくらべ為替レートが円高になっており、海外で購入した者が円高差益(額面保障のため、額面で日本に輸出しても為替差益を得られる)を狙って売り出していると見られていたからである。また、偽造された金貨は本物から鋳型をとって鋳造したもので、10万円金貨が純金製であったため、偽造が容易であり、このような大量の偽造硬貨が製造できたと見られる。

    真相


    これら大量の金貨を日本に輸出したのはスイスの貨幣商の男性であったが、その背景には国際的偽造グループが介在していた可能性が高い。しかし偽造グループが特定はされることはなく、偽造グループは日本円で約60億円という高額な金銭を懐に入れて消えてしまった。
    なお、証拠品の偽造金貨は表面を圧延のうえ地金として関係者に返還された。

    影響


    その後、日本で発行された記念金貨については様々な偽造防止対策がなされるようになった。また近年では、偽造された金貨のように額面保証型のものから、金の地金価格をはるかに超える価格で販売されるが、そのかわり額面をそれより低くする収集型金貨の形式で発行されるようになった。
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/02(水)   CATEGORY: 1961年
    【#76】チ-37号事件
    チ-37号事件(ち-さんじゅうななごうじけん)とは、1961年秋田県秋田市にて発生した偽札事件である。公訴時効が成立し、未解決事件となっている。

    概要


    1961年(昭和36年)12月7日、秋田県秋田市にある日本銀行秋田支店で、廃棄処分にされる紙幣の中から偽千円札が発見された。これを契機に1963年(昭和38年)まで、22都道府県から合計343枚発見された。警察は「チ-37号事件」と命名した(「チ」は千円札を意味する警察における符合で、「37」は37番目の千円札の偽札事件であることを意味する)。
    警視庁捜査第三課が捜査するもチ-37号は巧妙化していった。初めは通し番号が「WR789012T」と連続した数字で、数字の配列が右下がりになっていたことが新聞で報道されると、翌1962年春に発見されたものは数字が「DF904371C」となった上、数字の配列がまっすぐになるなど、より精度が高いものになっていった。新聞記事で偽札の欠点を指摘するとすぐ修正したことで偽札の精巧な製造技術と迅速な対応が冷静沈着な犯人像を想像させた。
    1963年(昭和38年)3月5日、静岡県清水市(現・静岡市清水区)と静岡市で、偽札を使用した黒いハンチングに眼鏡をかけた男が目撃された。この男のモンタージュ写真が作成されたが、検挙には至らなかった。同年11月4日に偽札が発見されたのを最後に、偽札が出てくることはなかった。
    1973年11月に公訴時効が成立して、迷宮入りとなった。
    チ-37号は「日本の偽札史上、最高の芸術品」と言われている。

    対応


    1962年9月6日、警視庁は、偽千円札を届け出た者に対して1枚につき3000円の謝礼、犯人に繋がる重要な情報を提供した者には1万円から100万円の謝礼を出すことを決定した。銀行協会も犯人への有力情報に100万円の懸賞金を出すことを発表した。
    事件や警視庁の対応は当時の小学生にも知れ渡り、「Aさんが300円の品物を千円札で買ったところ、2700円のお釣りが返ってきた。それはなぜか」という内容のクイズが流行した。これは漫画「三丁目の夕日」でも描かれている。
    1963年11月1日、政府は貨幣の信頼維持のため、デザインを聖徳太子から伊藤博文に変更した新千円札(C券)を発行した。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。