あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1959年
    【#111】BOACスチュワーデス殺人事件
    BOACスチュワーデス殺人事件(ビーオーエーシースチュワーデスさつじんじけん)とは1959年3月10日、東京都杉並区の善福寺川(大宮八幡宮近くの宮下橋)でBOAC航空(現ブリティッシュ・エアウェイズ)の日本人女性客室乗務員(当時27歳)が扼殺死体で発見された事件である。

    概要


    被害者の交友関係からベルギー人の神父が捜査線上に浮かんだが、弁護人とバチカン大使館一等書記官の立会いのもとでの5回に渡る事情聴取では進展がなく、6月11日、神父は病気療養のため、正規の出国手続を経てベルギーに帰国した[1]。事件はその後迷宮入りとなり、1974年3月10日公訴時効を迎えた。

    著名作家の見解


    三浦朱門は「もし当の神父が事件に無関係なら、なぜ積極的に警察に援助しないのだろう」と述べた[2]。 田中澄江は5月27日に神父を見舞い、被害者の立場にたった現在の心境をのべてもらった。「流暢な日本語である。…事実を曲げた猥雑なペンの暴力にもめげず、澄んできれいな目の色であった。」「警察が、調べる義務があると言えば、幾度でも出頭して、殺人者と見ようとする疑問に答えなければならない。」と著わした[3]。遠藤周作は「(マスコミは)あたかも彼が真犯人であるかのごとく、その写真を掲載したりその名を発表した。一種の人権蹂躙。」「突然の帰国は一般の日本人の根のない疑惑をさらにふかめる原因となった」と述べた[4]。
    松本清張はこの事件に関し『スチュワーデス殺し論』[1](ノンフィクション)を婦人公論に著し[5]、事件をモデルに小説『黒い福音』を執筆した。また捜査を担当した平塚八兵衛が退職した1975年、彼の捜査した事件の解説記事が毎日新聞と産経新聞に連載された[6][7]。後年にも井出孫六が取り上げた[8]。
    東京都監察医務院長で作家の上野正彦はその著書で「腕で首を絞めるのは外国人にみられる特徴」だと自身の監察医の経験から述べている(日本人の殺人では素手で相手の首を絞めて窒息しさせる場合、ほとんど指でつかんで締めている)。
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1995年
    【#104】八王子スーパー強盗殺人事件
    八王子スーパー強盗殺人事件(はちおうじスーパーごうとうさつじんじけん)は、1995年7月30日に東京都八王子市で3人が射殺された強盗殺人事件。
    現場となった店名からナンペイ事件ともよばれる。犯人は検挙されておらず、2010年4月現在で未解決。捜査特別報奨金制度対象事件で、その中で発生したのが最も古い事件である。殺人罪など最高法定刑が死刑の罪について、公訴時効を撤廃した上で遡及適用する改正刑法及び刑事訴訟法が、2010年4月27日に施行されたため、本事件についても公訴時効が撤廃され捜査継続が決まった。

    概要


    1995年7月30日午後9時15分から20分頃、八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所に拳銃強盗が押し入り、3人を射殺して逃走。
    被害者は、パートの女性A(47歳)、アルバイトの女子高生B(17歳)と女子高生C(16歳)の3人(年齢は、いずれも事件当時)。
    犯行時間は数分間(被害者Aの知人が、迎えに来るまでの間)。
    犯人は何も奪わずに逃走している。「金庫を開けようとした形跡もない」との情報もあり、金銭目当てではない可能性もある。
    女子高生2人は布製の粘着テープで手足を縛られ、至近距離から後頭部に1発ずつ発砲され、即死の状態だった。
    パートの女性は、体は縛られていなかった。後に、「鋭利な刃物で、腹部に致命傷にならない傷を負わされた後、銃弾2発を撃ち込まれていた」ことが判明。
    強盗と怨恨の両面から捜査しているが、犯人の目撃情報がなく、捜査は難航している。使用された拳銃は、フィリピン製のスカイヤーズビンガム。
    事件当日 [編集]
    『真相報道 バンキシャ!』2007年7月29日放送分より。
    時刻不明
    女性A(47歳)が出勤。知人男性に車で送ってもらう。
    閉店後、一緒に小料理屋に行く約束をしていた。
    時刻不明
    女子高生B(17歳)が自転車で出勤。自宅からスーパーまでは2、3分の距離。
    17時00分
    2人が勤務につく(Aは3号レジ、Bは2号レジ)。
    男性従業員が退社(以後、従業員は女性のみ)。
    17時30分
    買い物客が、「店の前をうろつく、不審な50代の男」を目撃する。白いシャツにグレーのズボン姿だった。
    18時30分
    北の原公園で、地元自治会の盆踊り大会が始まる。店の周辺は、太鼓と曲で騒がしくなった。
    スーパーから公園までは、約100m。盆踊り大会は、毎年行われている。
    18時50分
    非番の女子高生C(16)が、家から自転車で店に向かう。Bに会うためと、勤務予定を確認するため。
    19時59分
    Cが、「Bの横で、仕事が終わるのを待っている」様子を、買い物客が見ている。「終わったら祭りに行く」と話しているのも聞いている。
    20時00分
    店にいるのは、Cを含め女性3人のみ。
    Aは閉店(21時)より1時間早くレジを閉め、3号レジの売上金を2階の事務所に持って行く。
    20時30分
    レジ周辺は、女子高生B、Cの2人のみになる。
    店内に、「何も買わずにうろつき、あたりの様子を伺う40代から50代の男性」がいたことが、目撃されている。
    20時51分
    閉店間際、Cが牛乳や卵を購入(レシートから判明)。
    21時00分
    公園では炭坑節が始まり、盆踊りが佳境に入る。
    閉店時間。Bは2号レジの売上金を持ち、2階の事務所へ行く。
    売り上げ係だったAが、売上金を受け取る。金庫に入れダイヤルを回し、施錠する。
    21時03分
    盆踊りの最後を飾る太鼓の演奏が、周囲に大きく響き渡る。
    21時06分
    Aが店内の戸締り、消灯を行う。
    スーパーの横の路地に男の人影があったのを、運転中の住民が目撃。男は車のライトに顔を伏せた。
    21時07分
    盆踊りが終了。周囲は静かになる。
    21時15分
    事務所から、Aが知人男性に電話。迎えを頼む(通話記録より判明)。
    21時17分
    近くの路上で、高校生カップルが、スーパーからの5発の銃声を聞く。
    Aが電話してから、路上の高校生が発砲音を聞くまで、約2分30秒。
    21時20分
    Aの知人男性がスーパーに到着。駐車場に車を停め、Aが出てくるのを待つ。
    21時45分
    Aが出てこないので、「先に行ってしまった」と思い、確認のため小料理屋に向かう。
    21時45分以降
    小料理屋にAがいなかったので、不審に思う。小料理屋の女将を乗せ、2人でスーパーに向かう。
    22時00分
    女将が事務所に入る(中で女性が着替えているかもしれないので)。
    事務所の鍵は開いていた。
    女将が、事務所入口付近で声をかけても返事もなかった。誰もいないようなので車に戻る。
    女将は身長が150cmぐらいで、室内の奥まで見えていなかった。
    知人男性と女将が、2人でもう一度事務所に入る。撃たれていた3人を発見する。
    室内と被害者の様子 [編集]
    発見時、事務所の鍵は開いていた。
    A、Bは制服を着替えて私服になっており、帰る直前に押し入られた様子だった。
    Aは、「事務所の奥にある金庫」の横に、頭をもたれるような形で倒れていた。事務所入口側には足を向けていた。
    Aは頭部を2発撃たれており、縛られていなかった。
    「銃口の熱で、皮膚が焼けた痕跡」が残されていた。
    BとCは部屋中央、金庫の手前で倒れていた。頭を事務所入り口側に向ける形だった。
    BとCは、それぞれ頭部を1発ずつ撃たれ、口を粘着テープでふさがれていた。
    BとCは、それぞれの片手を粘着テープで一緒に巻かれ、背中合わせにされていた。その粘着テープはよじれていた。
    犯人は片手に拳銃、片手に粘着テープを持っていたことが推測される。
    被害者の周囲の床は、血溜まりが出来ていた。
    犯人は血糊を踏まずに逃走した。
    金庫にも発砲した跡があった(1発のみ)。室内は荒らされていなかった。

    動機


    強盗説 [編集]
    売上金を狙って押し入った、と推測されるケース。
    金庫のダイヤルの番号がすぐにでてこなかったので、発砲して逃げた。
    発砲したことで気が動転し、すぐに逃げた。
    2件が考えられる。
    怨恨説 [編集]
    金庫内の週末の売上金(526万円)は、盗まれていなかった。
    犯人の動線が、「事務所にまっすぐ入り、まっすぐ出て行って」いた。室内を物色した痕跡は、一切ない(机の引き出しを開ける、などの形跡がない)。
    「金庫の開け方が分からず、殺害された」という説もあるが、Aは金庫の開け方を知っていた。
    被害者らの財布にも手をつけていない。
    3人とも脳幹を確実に撃ち抜き、即死させている。
    Aは生前、「カッターの刃入りの脅迫文を送りつけられる」嫌がらせを受けていた。「このままだと命がないぞ」という内容だったことが、警察の調査からわかっている。

    犯人像


    足跡は事務所内で約10個採取され、実行犯は1人と断定された。
    足跡の付着物からは、微細な鉄粉と粘土、コケが採取された。鉄粉は溶接の際に飛散したと見られ、溶接作業に従事していたか、鉄工所などに出入りしていた可能性があると見られている。
    至近距離から発砲し、3人とも脳幹が確実に射抜かれていたことから、「銃の扱いに詳しく、撃ち慣れている人物」と思われる。
    使用されたフィリピン製の銃は性能が高くなく、命中率が悪いもの。この点からも、「銃に詳しい」ことが推測される。
    粘着テープには、犯人のものとみられる指紋の一部が付着していた。事務所内の机には手袋痕もあるため、「犯人が粘着テープを使う際、手袋を脱いで素手で扱った」可能性がある。
    靴底は広島県のゴムメーカー製で、運動靴など約30種類で使用されていた。多摩地区では、パルコの吉祥寺店、調布店などで、10,000円~15,000円で販売されていた。
    使用された凶器、道具 [編集]
    拳銃は、フィリピン製のスカイヤーズビンガム(リボルバー38口径)。
    犯人に関する報道 [編集]
    週刊文春2001年11月22日号
    「犯人の実名を挙げた、暴力団関係者の手紙が存在する」と報じた。
    この手紙は、別件で拘置されていた暴力団関係者が、別の拘置所の知人に宛てたもの。
    自身が事件の一部に関与したことを示唆し、「実行犯として、元自衛官の実名を挙げていた」、とされる。
    産経新聞、日本テレビ等(2003年)
    「2002年に逮捕された、70歳代(報道当時)の男が、事件に関与しているのではないか?」との報道が行われた。
    理由
    「この男が、大阪市内の信用金庫で起こしたとされる、強盗未遂事件(1997年)」で使用された銃弾の線条痕が、事件の現場で発見された銃弾のものと酷似している。
    事件当時、男が八王子周辺に居住していた。
    しかし、具体的な関与は不明で、検挙に至っていない。
    この男は、拳銃を使用した銀行強盗や、現金輸送車襲撃事件を繰り返していた。
    26歳の頃には、銀行強盗を企てた。同じ年に、職務質問してきた警察官を射殺し無期懲役判決が下った。しかし、仮出所中に凶悪な事件を繰り返していた。
    この男は、警察庁長官狙撃事件でも名前が挙がった。
    「新潮45」へ寄稿した手記では、本件への関与を全面否定している。
    2007年7月、大阪地方裁判所は、「男の実名を挙げ、殺人鬼と決め付けた週刊新潮」に対し、「記事には真実と信じる相当な理由はない」として名誉毀損を認定し、賠償金80万円の支払いを命じている。
    中国からの情報(2009年3月)
    「覚醒剤所持の罪で、死刑が確定している日本人男性T死刑囚」のUが、「知人がナンペイ事件に関与した」と、「中国公安当局に証言した」と報じられ、日本の捜査当局も面会し事情を聴いた。同死刑囚は、中国・大連刑務所にて2010年4月9日午前9時(日本時間同10時)、死刑を執行された。
    その知人のTも、同様に中国にて死刑が確定しており、警視庁八王子署捜査本部は、捜査員の派遣を中国に要請していたが、同じ日に死刑が執行された。

    その他

    「レジを閉めたあと、売上金をむき出しのまま、暗い駐車場を通り、事務所まで運んでいた」ことは、普段から従業員に不安視されていた。
    この日は、不審者や不審車両が数多く目撃されていたが、特定には至っていない。
    犯行時間前に、「現場近くで停車し、犯行時間後に近くの交差点を走り去る、白の乗用車」が目撃されているが、容疑者の特定には結びついていない。
    ナンペイ大和田店は、事件後「ひまわり」に改名したが、1998年に閉店。建物は解体され、現在は駐車場になっている。
    被害者の一人が通っていた、東京都内の私立高校では、事件後、学校関係者などによる「銃器根絶を考える会」を結成。毎年行われる文化祭や街頭活動などを通して、「銃器犯罪の恐ろしさ」を訴え続けている。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 2004年
    【#102】日本橋室町一丁目チケットショップ内女性店員殺人事件
    日本橋室町一丁目チケットショップ内女性店員殺人事件(にほんばしむろまちいっちょうめチケットショップないじょせいさつじんじけん)は、2004年9月に東京都中央区で発生した殺人事件。犯人は検挙されておらず2010年4月現在で未解決。
    概要


    2004年9月27日、午後6時55分ごろ、東京都中央区日本橋室町のチケットショップ「ビックチケット日本橋店」内での女性従業員(当時37歳)が、胸や腹などを刺されて血を流して倒れているのを駆けつけた警備員が発見。
    女性従業員は、胸と腹を刃物で刺され、病院に搬送されたものの間もなく死亡した。

    当日の経過


    午後6時50分
    現場となったチケットショップの警報機が作動
    午後6時55分
    警報機が作動して駆けつけた警備員が被害者を発見し、110番通報をする。

    防犯ビデオに映っていた男


    警察は防犯ビデオに映っていた男の行方を追っている。
    男の特徴は以下の通り。
    身長175~185センチ
    がっちり型
    髪はやや薄め

    犯人の遺留品


    Bジャンプ式洋傘
    紳士格子柄(ナイロン製・プリント)
    下ろくろ・受骨・大バネ
    胴ネーム・口ネーム付 いずれもホック部(イブシホック)にLIFEY☆MARKの刻印あり
    手元(ハケ塗セット・ショート)口金・下はじき
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1994年
    【#101】 日本テレビ郵便爆弾事件
    日本テレビ郵便爆弾事件(にほんテレビゆうびんばくだんじけん)は、1994年12月に日本テレビ放送網に郵送されたパイプ爆弾が爆発し、2名が重軽傷を負った事件。

    概要


    1994年12月21日水曜日午後5時45分頃、東京都千代田区二番町の日本テレビ放送網西本館(現・日テレ麹町ビル西館)6階にある編成局特別制作部製作センターで、子役の安達祐実(13歳)宛に送られてきた封筒が爆発。封筒を手で破って開封した、安達の所属事務所であるサンミュージックブレーンの31歳の男性社員が左手親指に重傷、日本テレビ関連会社映放(現・日本テレビ人材センター)の30歳の女性社員が軽傷を負った。近くに居合わせた、安達のマネージャー(35歳男性)も一時音が聞こえなくなる被害を受けた。なお、当時安達本人は隣接する北本館のスタジオで年末年始番組の収録を行っており、怪我はなかった。
    日本テレビ宛の郵便物はいったん館内の集配所で区分けされた後に各部署に配布されることになっており、爆発が起きたのは、映放社員がたまたま居合わせた安達の所属事務所の社員に「重いので気を付けるよう」注意の言葉を掛けて手渡した直後のことだった。
    麹町警察署及び警視庁捜査一課は傷害及び爆発物取締罰則違反の容疑で捜査を進めていたが、容疑者の検挙には至ることなく2009年12月21日時効が成立した。なお、爆発物取締罰則の最高刑は死刑であり、当時の刑事訴訟法での公訴時効は15年となる。

    送付された郵便物


    縦25cm・横9cmの市販の白色封筒で、宛先は「東京都千代田区二番町14 日本テレビ放送網アナウンス部 安達祐実様」、差出人は「都内港区新橋1-9-6 旭通信社」となっていた。500円の切手が貼られ、12月19日付の芝郵便局の消印があることから、12月18日夜から19日の夕方に掛けて芝局区内のポストに投函されたと見られている。
    封筒から、はんだ付けの跡がある単3乾電池3本、直径1.7cm×長さ14cmの鉄パイプ、ニクロム線、赤白のリード線、厚さ数mm・一辺1cmの正方形板状の磁石などが発見され、火薬の量は20g前後と見られている。
    なお、差出人として記された大手広告代理店の旭通信社(現・アサツー ディ・ケイ)は、広告業務において日本テレビとの取引はあるが、本件とは無関係と見られている。

    同様の事件


    前年の1993年夏に、ニッポン放送に爆発物が送りつけられる事件が2件発生している。宛名はいずれも深夜番組オールナイトニッポンのパーソナリティで、7月29日には裕木奈江、8月3日には加藤いづみとなっており、封筒の中から単3乾電池や爆竹が発見されている。
    翌年の1995年5月16日、東京都庁舎で青島幸男都知事宛に送られた小包が爆発、開封した男性職員が重傷を負った(東京都庁小包爆弾事件)。本をくりぬいて爆発物が仕込まれてあり、起爆の仕組みは日本テレビのものとほぼ似ていた。この事件はオウム真理教によるものであった。
    これらの事件を契機に郵政省(当時)は、不審な郵便物にはX線検査を行うようになった。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/02(水)   CATEGORY: 1946年
    【#89】富坂警察署襲撃事件
    富坂警察署襲撃事件(とみさかけいさつしょしゅうげきじけん)とは、1946年(昭和21年)1月3日に東京都小石川区(現・文京区)で発生した暴動事件である。

    事件の発端


    1945年12月30日、警視庁富坂警察署は管内で発生していた連続拳銃強盗事件の容疑者として在日朝鮮人3人を逮捕した。 当時の富坂警察署は戦災で焼失しており、小石川国民学校の校舎を間借りしている状態であったため、3人の容疑者は警視庁本部と大塚警察署の留置場にそれぞれ留置されていた。
    翌年1946年1月2日、容疑者のひとりを富坂警察署へ護送して取り調べた後、署内の留置場に留置した。

    概要


    1946年1月3日正午、春日町交差点において多くの不審者を乗せたトラック2台が富坂警察署方面へ向かうのを、交通整理にあたっていた警察官が発見、直ちに署に連絡した。 連絡を受けてまもなく、例のトラックが富坂警察署に到着、警察官の制止を振り切って約80人の朝鮮人が署内に乱入し、留置中の在日朝鮮人の即時釈放を要求した。
    危険を察知した警部が警察電話を通じて、警備隊の応援を要請したところ、在日朝鮮人20人が電話室に乱入し占拠した。これにより外部との連絡が絶たれてしまった。
    交渉にあたった署長は「朝鮮人は留置していない」と突っぱねたが、情報が漏れていたらしく、在日朝鮮人たちが留置場を探し始めた。これを阻止しようとした警察官に対して殴る蹴るの暴行を加えて負傷者を続出させた。 在日朝鮮人はついに留置場を発見、中にいた容疑者を連れ出した。
    その後在日朝鮮人たちは、「署長は、朝鮮人は留置していないと我々を欺いた」と署長を責めた後、富坂警察署の前を通りかかったトラックを奪って逃走した。

    その後の顛末


    警視庁は、全力をあげて事件の捜査にあたったが、終戦直後の混乱もあって検挙には至らなかった。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。