あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/05/27(木)   CATEGORY: 1959年
    【#9】荒川連続自転車通り魔殺傷事件
    荒川連続自転車通り魔殺傷事件(あらかわれんぞくじてんしゃとおりまさっしょうじけん)とは、1959年(昭和34年)1月27日に発生した、少年によるものと思われる連続通り魔殺傷事件である。未解決のまま時効が成立している。
    なお、「少年と思われる」というのは、目撃者の証言によるものである。

    概要


    1959年1月27日の夕方、東京都荒川区内において、自転車に乗った15,6歳と見られる少年による通り魔事件が発生した。被害者は主に若い女性で、追い抜かれざまに、次々と刃物で胸を刺されていた(同種の犯罪は、1月21日ごろから、近隣で続発していた)。
    1時間ほどの間に、届出があった女性だけでも10名が襲われていた。中には、8歳の女児も含まれていた。襲われた16歳の少女が死亡したため、周辺の地区住民がパニックに陥った。
    被害者女性あてに「あまり騒ぐな」と脅迫する手紙が送りつけられたため、地元では集団行動や自警団を組織するなどの取り組みがなされた。手紙の差出人は不明。
    犯人は判明せず、1974年に時効を迎えた。

    その他


    泉麻人の「B級ニュース図鑑」(新潮文庫)によれば、同時期に同種の少年による西部劇を真似た襲撃事件が頻発していたという。1950年代、すでに「凶悪な少年犯罪」が起こっていた事を示す例である。
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。