あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1998年
    【#95】長野青酸ウーロン茶殺人事件
    長野青酸ウーロン茶殺人事件(ながのせいさんウーロンちゃさつじんじけん)とは1998年8月に長野県須坂市で発生した、猛毒青酸カリ入りのウーロン茶を飲んだ塗装業の男性が死亡した事件。犯人は検挙されておらず2010年4月現在で未解決。

    概要


    第1の事件
    1998年8月31日午前7時30分頃、塗装業の男性Aさん(当時58歳)が朝食の時、冷蔵庫から出したばかりの缶入りのウーロン茶を一気に飲み干した後、再び食事を取っていると、突然男性が「うーん、苦しい」と言って食べたものを全て吐き出した。救急車で運ばれたものの、病院に着いた時には心肺停止の状態だった。午前9時12分に死亡が確認された。
    病院側は、病名を「急性心不全」としたものの、心不全の原因がはっきりしないため警察に検視を依頼した。一応、検視を行ったものの、別段の異常が見つからなかったために、そのまま「心不全」とした。
    第2の事件
    9月1日、Aさんも利用していたというスーパーにて発生。店長が変形した缶を見つけ、売り物にならないと判断し、自らが飲んだ。一口飲んで味と異臭に気付き、さっそく不審物として警察に提出した。
    調べた結果、提出された缶の底には接着剤で埋めた跡があった。中身を科警研に調査依頼したところ「青酸化合物」が発見された。
    9月3日、この事件を知ったAさんの家族が警察に届けるとともに、Aさんが飲んだウーロン茶の缶も提出した。調べた結果、店長が提出した缶同様に裏底に接着剤の跡があり、青酸化合物が発見された。そこで、科警研は病院に残されていたAさんの血液を調べたところ、青酸の反応が出たことを確認した。
    長野県警は「無差別殺人」事件として大掛かりな捜査を開始したが、有力な手掛かりは掴めていない。
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1995年
    【#94】長野県岡谷市看護助手殺害事件
    長野県岡谷市看護助手殺害事件(ながのけんおかやしかんごじょしゅさつがいじけん)とは1995年2月に長野県岡谷市に住む看護助手の女性(当時51歳)が自宅で絞殺体で発見された事件。
    2010年2月に殺人罪の公訴時効(15年)を迎えた(未解決事件)。

    概要


    1995年2月10日 9時50分頃、長野県岡谷市南宮にある被害者の自宅に勤め先の同僚が無断欠勤を心配して訪ねたところ、自宅の1階の居間の押入れで被害者が亡くなっているのを発見し、事件が発覚した。遺体のあった部屋の電気コードはなくなっていたものの、通帳や現金は残されていた。
    被害者は事件発覚の前日(2月9日)の午前中、「午後2時半からの知人の葬式に参列する。」と理由で勤め先の病院を早退したが、知人の葬式には参列しておらず、被害者が使う車も自宅前に止められたままだった。[1]その後の長野県警捜査本部の捜査によると、被害者は帰宅直後の午後1時半に殺害されたものと見られている。[2]
    カネ目当てで自宅に侵入したところに被害者と鉢合わせになったか、顔見知りの犯行と推測しているものの、被害者の交友関係がはっきりとせず、当初から捜査は難航していた。[2]捜査本部はこれまで捜査員延べ約2万人を投入し、関係者や近所の人に聞き込みをするも、有力な手がかりを得ることが出来ず、2010年2月9日に殺人罪の公訴時効(15年)を迎えた。[3]
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。