あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/06/02(水)   CATEGORY: 1980年
    【#70】前尾道市長夫婦殺人事件
    前尾道市長夫婦殺人事件(ぜんおのみちしちょうふうふさつじんじけん)とは、広島県尾道市で発生した殺人事件である。また被疑者が特定されず公訴時効を迎えた未解決事件である。

    概要


    被害者の市長は公人であるため実名であるが、それ以外の人物については仮名とする
    佐藤勲前尾道市長は医師で尾道市議を4期勤めた後1975年4月の尾道市長選挙で初当選し、尾道市の当時の累積赤字を昭和53年度までに無くすなどの実績を挙げていた。しかし、2期目を目指していた1979年2月に市立学校の増改築をめぐり、業者に便宜を図った謝礼を受け取ったという収賄容疑で逮捕され、4月投票の市長選出馬を断念していた。
    1980年2月9日、当時刑事事件の被告人であった佐藤(当時53歳)が妻(当時45歳)とともに尾道市浦崎町[1]の自宅で殺害された。夫婦は二階の寝室で首をかき切られ惨殺されていた。当時同家は次女(当時25歳)が同居していたが、彼女は看護学校へ朝出かけた時には不審な点はなかったという。
    犯行現場となった佐藤宅であるが、電話線が切断され自宅内を物色された痕跡があり、計画的犯行の可能性が高かった。また医師で政治家という職歴から怨恨の可能性もあるほか、強盗殺人の可能性もあった。そのため被疑者は多数に及ぶことになった。捜査を担当した広島県警察福山西警察署[2]は、捜査本部に夫婦の遺影を掲げ捜査したが、被疑者を特定することが出来ず、1995年2月に刑法の公訴時効を迎え迷宮入り事件となった。
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。