あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/06/02(水)   CATEGORY: 1946年
    【#89】富坂警察署襲撃事件
    富坂警察署襲撃事件(とみさかけいさつしょしゅうげきじけん)とは、1946年(昭和21年)1月3日に東京都小石川区(現・文京区)で発生した暴動事件である。

    事件の発端


    1945年12月30日、警視庁富坂警察署は管内で発生していた連続拳銃強盗事件の容疑者として在日朝鮮人3人を逮捕した。 当時の富坂警察署は戦災で焼失しており、小石川国民学校の校舎を間借りしている状態であったため、3人の容疑者は警視庁本部と大塚警察署の留置場にそれぞれ留置されていた。
    翌年1946年1月2日、容疑者のひとりを富坂警察署へ護送して取り調べた後、署内の留置場に留置した。

    概要


    1946年1月3日正午、春日町交差点において多くの不審者を乗せたトラック2台が富坂警察署方面へ向かうのを、交通整理にあたっていた警察官が発見、直ちに署に連絡した。 連絡を受けてまもなく、例のトラックが富坂警察署に到着、警察官の制止を振り切って約80人の朝鮮人が署内に乱入し、留置中の在日朝鮮人の即時釈放を要求した。
    危険を察知した警部が警察電話を通じて、警備隊の応援を要請したところ、在日朝鮮人20人が電話室に乱入し占拠した。これにより外部との連絡が絶たれてしまった。
    交渉にあたった署長は「朝鮮人は留置していない」と突っぱねたが、情報が漏れていたらしく、在日朝鮮人たちが留置場を探し始めた。これを阻止しようとした警察官に対して殴る蹴るの暴行を加えて負傷者を続出させた。 在日朝鮮人はついに留置場を発見、中にいた容疑者を連れ出した。
    その後在日朝鮮人たちは、「署長は、朝鮮人は留置していないと我々を欺いた」と署長を責めた後、富坂警察署の前を通りかかったトラックを奪って逃走した。

    その後の顛末


    警視庁は、全力をあげて事件の捜査にあたったが、終戦直後の混乱もあって検挙には至らなかった。
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/05/27(木)   CATEGORY: 1946年
    【#21】榎井村事件
    榎井村事件(えないむらじけん)とは1946年(昭和21年)に発生した殺人事件である。この事件は半世紀の後に再審で冤罪であったことが確定したことが特徴である。

    21_enzai


    概要


    1946年8月21日午前2時頃、香川県仲多度郡榎井村(現在の琴平町の一部)に居住していた大蔵省専売局(現在の日本たばこ産業)の職員である高田喜三郎さん(当時43歳)の自宅に2人が侵入した。隠れていた侵入者と対峙しようとしたが白いパナマ帽を被った男がピストルを撃ち高田さんを射殺した。犯人の遺留品はパナマ帽と薬莢だけであった。

    容疑者逮捕


    事件から1週間後の8月28日、高松専売局に盗みに入った吉田勇(当時18歳)と浅野英明(当時19歳)が逮捕された。2人は窃盗未遂、住居不法侵入をしたことを認めた。しかし警察は、榎井村の事件も2人が犯人と見て厳しく追及した。2人は当初犯行を否認したが、浅野が「吉田が射殺した」と供述したこと、パナマ帽を吉田に買い与えたとする台湾人の証言を得たことを証拠に殺人罪で起訴した。だが吉田はまったく身に覚えが無いとして犯行を否認し続けた。

    刑の確定


    1947年12月8日、高松地方裁判所は検察側の主張を全面的に認めて吉田に無期懲役、浅野に懲役6年の判決を言い渡した。浅野は控訴せず刑が確定(浅野も第一審公判途中より否認に転じていたが、家族の経済的負担等の理由により控訴しなかった)したが、吉田は無実を訴えて控訴した。1948年11月9日に高松高等裁判所は吉田の無実主張を退けたうえで懲役15年に減刑した判決を言い渡した。1949年4月28日に最高裁は上告を棄却し吉田の懲役15年が確定した。
    なお吉田はサンフランシスコ講和条約の恩赦によりさらに減刑されたため1955年に仮出所した。

    再審請求


    吉田は捜査を担当した刑事、弁護士、関係者を訪ね歩いて情報を集めた。それから1990年3月19日に吉田は高松高裁に再審請求をし、高松高裁は1993年11月1日に再審開始を決定した。
    1994年3月22日に高松高裁は吉田に無罪を言い渡した(浅野の冤罪も間接的に認められたともいえる)。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。