あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1957年
    【#116】ボーイ・イン・ザ・ボックス
    ボーイ・イン・ザ・ボックス(Boy in the Box)とは、1957年アメリカ合衆国で発生した殺人事件の被害者に冠せられた通称。被害者はおよそ4~6歳の少年で、「America's Unknown Child」とも呼ばれている。2010年現在未解決。

    概要


    遺体は1957年2月25日、ペンシルベニア州フィラデルフィアの北東部にあるフォックスチェイス地区(Fox Chase)において、全裸で段ボール箱の中に入った状態で発見された。遺体には体中いたるところにあざがあった。
    遺体は発見時、J.C.ペニーで販売された揺り篭の段ボールの空き箱内に、毛布に包まれた状態で遺棄されていた。遺体を発見した男性は、発見現場付近にマスクラット捕獲用の罠を仕掛けていたため、発見時はその具合を調べていたと主張していた。後にその男性は、遺体発見時、近くの女学校の生徒たちへののぞきをおこなっているところで、それが彼の習慣になっていたと明らかにした。
    事件はフィラデルフィア一帯のマスコミの注目を集め、情報提供を呼びかける少年の写真入りポスターは、フィラデルフィア中のガソリンスタンドに貼り出された。しかし、そのような事件当時の呼びかけや、長年の事件に対する断続的な関心にもかかわらず、犯人はおろか少年の身元も依然不明である。

    概要


    多くの未解決事件同様、この事件の解決についても無数の仮説が主張されてきた。大半の仮説は否定されたが、次の2つの説は有力なものとして警察およびマスコミの双方から注目集めたうえ、大規模な捜査も行われた。
    児童養育施設の経営者一家 [編集]
    第一は、遺体発見現場から2.4キロメートル程離れた場所にあった児童養育施設に関するものである。1960年、事件を調査していた監察医務院の男性職員(1993年に亡くなるまで、執念深くこの事件を追っていた)が、 ニュージャージー州に住むある女性霊能者に接触し、霊能者はその男性職員に、探すべき家の特徴を伝えた。男性職員は、その家の特徴が合致するのは、この養育施設であると考えた。また、この霊能者は遺体の発見現場にも招かれたが、彼女はそこから男性職員をまっすぐにその養育施設に導いた。男性職員は養育施設が売りに出された際、客を装って施設を訪問した。彼はそこでJCペニーで販売されていたものに似た揺り篭や、少年の遺体を包んでいたものに似た毛布が、物干し用の紐に掛けられているのも発見した。男性職員は、少年がその養育施設を経営していた男性の継娘の子であると、信じるようになった。1957年当時、シングルマザーであることはまだ大きな不名誉と見なされており、男性職員は、少年の死は事故であり、遺体を遺棄したのは、継娘が未婚の母であることが露見するのを避けるためであると推理した。これらの状況証拠にもかかわらず、警察は少年と養育施設との具体的な関連性を発見できなかった。[1][2] 1998年、フィラデルフィア市警察で事件を担当する警部補が、この施設の経営者だった男性と継娘 (この時には2人はすでに結婚していた)に事情聴取を行った。この聴取で警部補は、一家は事件に関係していないと確認、養育施設の捜査は切り上げられた。[3]
    「M」の証言 [編集]
    第2は、2002年2月に、「M」としか名が明らかにされていない女性によりもたらされた証言である。Mの主張の概要は次のとおりである。

    「少年の名は「ジョナサン」で、Mの虐待癖のある母親が1954年の夏、少年の生みの両親から金で買った。少年はその後2年半もの間、極度の身体的、性的な虐待を受け続けた。
    また、少年が殺害されたのは、彼が浴槽で嘔吐し、母親が彼を怒りに任せて床に叩きつけたからである。Mの母親はその後、少年の身元を隠すために彼の長い頭髪を刈った。Mの母親はMを連れて、当時はまだ人里離れていた遺体発見現場に少年を遺棄した。彼女らが遺体を入れた段ボール箱は、その場にもともと捨てられていたものである。
    彼女らが遺体を車のトランクから出そうとしていた時、オートバイで男性が通りかかった。その男性は、彼女らが事故にあったのだと勘違いしてすぐそばで停車し、何か助けは必要ないか尋ねてきた。彼女らは、自分達の車のナンバープレートを見せないように気を配りながら、男性を無視したところ、その内に男性は走り去った。」

    警察が遺体発見現場を最初に検分した際、遺体には雑な散髪の跡が見受けられ、遺体に刈られた髪の毛が付着していた。Mの母親が少年の頭髪を刈ったという証言は、この散髪の跡の説明になると思われた。また、Mによるオートバイの男性についての証言と同じ内容の目撃証言が、遺体発見当時の1957年にある男性から寄せられていた。遺体発見現場をたまたまオートバイで通りがかったこの男性からの目撃証言は、それまで一般には公開されていなかった。警察はMの証言の信憑性は高いと考えたが、Mに精神病の病歴があることが問題となった。[4][5]当時の彼女の家と交流があった近隣の人々は、事情聴取の際にその家に男の子が住んでいたことを否定した。また、Mの主張は「ばかげている」とも語った。[6]

    現在


    事件は公式には未解決のままであるが、捜査員たちは 少年の遺体から残された一部のDNAを分析し、国が管理しているDNAのデータベースとの照合を試みている。
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-1 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1959年
    【#111】BOACスチュワーデス殺人事件
    BOACスチュワーデス殺人事件(ビーオーエーシースチュワーデスさつじんじけん)とは1959年3月10日、東京都杉並区の善福寺川(大宮八幡宮近くの宮下橋)でBOAC航空(現ブリティッシュ・エアウェイズ)の日本人女性客室乗務員(当時27歳)が扼殺死体で発見された事件である。

    概要


    被害者の交友関係からベルギー人の神父が捜査線上に浮かんだが、弁護人とバチカン大使館一等書記官の立会いのもとでの5回に渡る事情聴取では進展がなく、6月11日、神父は病気療養のため、正規の出国手続を経てベルギーに帰国した[1]。事件はその後迷宮入りとなり、1974年3月10日公訴時効を迎えた。

    著名作家の見解


    三浦朱門は「もし当の神父が事件に無関係なら、なぜ積極的に警察に援助しないのだろう」と述べた[2]。 田中澄江は5月27日に神父を見舞い、被害者の立場にたった現在の心境をのべてもらった。「流暢な日本語である。…事実を曲げた猥雑なペンの暴力にもめげず、澄んできれいな目の色であった。」「警察が、調べる義務があると言えば、幾度でも出頭して、殺人者と見ようとする疑問に答えなければならない。」と著わした[3]。遠藤周作は「(マスコミは)あたかも彼が真犯人であるかのごとく、その写真を掲載したりその名を発表した。一種の人権蹂躙。」「突然の帰国は一般の日本人の根のない疑惑をさらにふかめる原因となった」と述べた[4]。
    松本清張はこの事件に関し『スチュワーデス殺し論』[1](ノンフィクション)を婦人公論に著し[5]、事件をモデルに小説『黒い福音』を執筆した。また捜査を担当した平塚八兵衛が退職した1975年、彼の捜査した事件の解説記事が毎日新聞と産経新聞に連載された[6][7]。後年にも井出孫六が取り上げた[8]。
    東京都監察医務院長で作家の上野正彦はその著書で「腕で首を絞めるのは外国人にみられる特徴」だと自身の監察医の経験から述べている(日本人の殺人では素手で相手の首を絞めて窒息しさせる場合、ほとんど指でつかんで締めている)。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1954年
    【#100】仁保事件
    仁保事件(にほじけん)とは、1954年10月26日に山口県吉敷郡大内村仁保(現在・山口市仁保下郷)で起きた一家6名が殺害された殺人事件と、それによって生じた冤罪のこと。

    概要


    事件発生 [編集]
    事件は、1954年10月26日の午前0時頃に発生した。
    事件現場は、国鉄(現JR)山口線仁保駅の北東に2キロほど行った山あいの中腹に位置する農家の一つで、一家の主で農業を営む男性(当時49歳)と、その妻(42歳)、母親(77歳)、三男(15歳)、四男(13歳)、五男(11歳)の6名が襖で隔てられた3つの部屋で蒲団に入って就寝していたところを犯人に襲撃された。
    この一家は地元では裕福な農家の一人で近隣に8反もの農地と山林を所有しており、女性関係も派手だったという。
    6名は頭部や顔面を鈍器で殴打されたり、頸部と胸部を鋭利な刃物で刺されたりされ、蒲団の上で血染めになって死亡していた。後に、捜査当局は頭部を鍬で割り、頚動脈を切り心臓を刺すという執拗な殺害方法であると断定した。
    事件が発覚したのは、同日早朝の午前7時頃。いつもと違ってこの農家の雨戸が開いていない点を不審に思った隣家の主婦が不審に思い家の中を覗き見たところ6名の遺体を発見、警察へ通報した。
    難航する捜査から容疑者の逮捕まで [編集]
    当時、事件に関して県警は以下のような鑑識結果を得ており、毎日新聞が11月14日に報じている。
    事件は単独犯である。
    凶器で被害者の頭部を強く殴打していることから、犯人は返り血を浴びていない。
    母親が寝ていた部屋から発見された1.5メートルほどの縄は、外部から持ち込まれたモノである。
    事件は午前0時頃に起こった。
    足跡から察するにかなりの大男である。
    毒物を用いての犯行ではない。
    現場で発見された土は、犯人が付近の水田から持ち込んだものである。
    犯人は現場から物を盗んだ形跡はない。
    事件発覚当初、山口県警察は怨恨説と物盗り説の両方を想定して捜査を進めた。
    その上で、事件現場の近隣の前科者約160名を容疑者としてリストアップし、一人一人虱潰しに捜査を行なった。このリストには後に本事件の犯人として後に冤罪犯とされた男性も含まれていたが、当初は事件の発生した1年半前から郷里を出奔していたことからリストから外されていた。
    しかし、そうした捜査陣の努力とは裏腹に捜査は予想以上に難航した。
    県警は怨恨説から事件宅の隣家の主人を逮捕。しかし、証拠不十分のため23日の勾留期限で釈放した。
    業を煮やした県警はリストを徹底的に洗い直し、新たな容疑者として事件当時37歳の男性が浮上してきた。しかし、説得力のある証拠が出てきた訳ではなく、リストからの消去法で選ばれただけであった。
    県警は山口県を出奔する前に関与したとされる窃盗未遂事件で全国に指名手配した。この事件は男性の友人と二人で商店に侵入したものの結局は何も盗まなかったというものであった。窃盗未遂事件での全国指名手配は当時としても極めて異例である。
    これにより、男性は1955年10月19日に大阪府大阪市天王寺区の天王寺駅にて住居侵入の容疑者として逮捕された。翌日、10月20日に大阪から山口警察署へと移送された。
    取調べから起訴まで [編集]
    大阪から山口県警へ移送された男性は1955年10月31日に仁保事件とは別の窃盗事件で起訴され(容疑は住居侵入及び窃盗未遂)、12月10日にはもう一つの別件であるマンホールの蓋の窃盗の罪状で起訴された。この時男性は贔屓にしていた弁護士による弁護を求めたが、警察が取り合わなかったことから本件での起訴まで弁護士がつくことがなかった。そのため、男性は孤立無援の状態で警察の取調べを受けることとなった。
    そして、11月2日に山口県警での仁保事件に関する取調べがスタートした。
    しかし、前述のように確固たる証拠のない状態での取調べであったことから、男性はアリバイを申し立てて犯行への関与を否定。調書によれば初めて否認したのは11月9日(ただし、調書がとられたのは翌日の11月10日)となっている。
    その後、11月22日の調書に犯行の自供が記録されているが、自供そのものは録音テープ(後述)によれば11月11日になされている。つまり、初めての自供から調書に記録が残るまで11日も経過しており、その間男性の供述は常に迷走していた。自供が最終的な形となったのは検察官による取調べが行なわれる1956年3月22日のことである。
    翌年、1956年2月1日に山口拘置所に移管。同年の3月23日に男性を連れての現場検証。1956年3月30日にようやく起訴の運びとなった。
    録音テープの存在
    この事件では日本の警察では珍しく取調べの様子が録音テープに記録が残っている。後述するようにこのテープはのちのち重要になるのでここで詳しく触れておく。
    これは、仁保事件の3年前に同じ山口県で起こった八海事件(後に冤罪事件となる)で被告の自供が法廷での争点となった点を踏まえたものであった。
    このテープは全部で33巻にも及ぶ。しかし、これは取り調べの全容を網羅したものではなく、あくまでその一部を記録したものに過ぎない。結果としてテープは法廷で検察側によって被告の自供を補強する役割しか果たさなかった。
    テープには警察での取調べの様子が克明に記録されているが、そこには警察による被告に対する執拗な取調べの様子が窺える。

    裁判の経過


    1956年 -
    3月30日 - 男性を山口地方裁判所に起訴。
    5月2日 - 山口地裁での第1回の公判。公判では取調べとはうってかわって犯行を全面的に否定。
    1962年 -
    6月15日 - 山口地裁で死刑判決が下る。地裁は警察の取調べでの拷問の事実は否定したものの被告の自供には無理があるとした。しかし、検察に対する自供の任意性は認めた。被告は広島高等裁判所に控訴。
    1968年 -
    2月14日 - 広島高裁は控訴を棄却し、第一審の死刑判決を支持。又、検察のみならず警察の取調べでの自供も任意性があると判断した。
    1970年 -
    7月31日 - 最高裁判所は第二審の判決を重大な事実誤認があるとして、判決を破棄し広島高裁へ差し戻し。自供の任意性への判断は保留したが、自供の変遷に対して少なからず信用できない点があるとした。なお、弁護側は最高裁では(1)事件現場には最低でも3人分の足跡があった(2)創傷を分析すると鍬、出刃包丁以外の凶器がある、という2点から男性の無罪を主張した。
    9月22日 - 被告の保釈が決定。
    1972年 -
    12月14日 - 広島高裁が殺人での無罪の判決を下す(別件のマンホール窃盗で懲役6ヶ月)。
    12月27日 - 検察が上告を断念。事件発生から18年、被告の逮捕から17年を経て、男性の殺人の無罪が確定。

    補足


    事件現場は現在では草木に覆われており、凄惨な事件の痕跡を残すものは何もないという。
    仁保事件に題を得た「自白」というドキュメンタリードラマを朝日放送が1972年11月11日に放送を予定していたが、中立を欠いており、肖像権の侵害に当たるとして、前日に放送が急遽中止になった。又、同じく朝日放送が12月24日に冤罪の嫌疑を受けた男性に密着取材をした「二四時間」を放送予定だったが、これも中止となった。
    この事件には刑事訴訟法の専門家で冤罪問題に詳しい、若き日の東京都立大学(当時)の研究室に所属していた小田中聰樹(現在は東北大学法学部の名誉教授)も救援運動に協力した。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1959年
    【#98】ナショナル航空967便墜落事故
    ナショナル航空967便墜落事故(National Airlines Flight 967)とは、メキシコ湾上空でアメリカ合衆国の民間旅客機が消息を絶った航空事故である。機体の大部分が回収されなかった為、事故原因は判明しなかったが、実際は保険金目当ての航空テロであったとする説がある。ただし、捜査当局が立件することが出来なかったことから未解決である。

    概要


    1959年11月15日。ナショナル航空967便は現地時間の午後11時32分にフロリダ州のタンパ国際空港を離陸した。967便は夜行便でニューオリンズ経由でロサンゼルスに向う飛行計画であった。レシプロ旅客機は巡航高度14000フィート(4300m)を飛行してニューオリンズに向かっていた。967便からの通信では天候条件に問題ないとしていたが、これが最後の通信となった。
    翌日16日午前0時55分ごろ、967便はニューオリンズの東南東約190Kmのメキシコ湾(北緯29度13分、西経88度40分)で管制レーダーから消えた。その後捜索されたが、海面に漂っていた搭乗者10人の遺体と機内装備品の残骸を発見したものの、海底に沈んでいるはずの機体主要部を発見することができなかった。そのため乗員乗客42人全員が犠牲になった。

    爆破疑惑


    この事故では早い時点で、機内に仕掛けられた爆発物による航空テロの可能性が指摘されていた。実際に機体は飛行中にバラバラになっていたと見られること、そして遺体の中には焼け焦げたものがあったためである。しかしながら、前述のように破壊活動があったと実証できるだけの物的証拠を見つけられなかった。
    この航空テロの被疑者として強く疑われたのが、967便に搭乗していたはずの自然療養医であった。彼が事故の2ヵ月後にアリゾナ州で生存していることが判明したためである。一説によれば彼は保険金詐欺のために別人を搭乗させ、爆破装置も機内に持ち込ませて、証拠が回収するのが困難な洋上で決行したものである。しかし物的証拠は得られず、事故原因は不明とされ立件されることはなかった。
    テロ実行犯だとの疑惑のある自然療養医であるが、保険金は彼の妻に支払われた。なお、彼は1969年5月2日にテキサス州で死亡したため、事件の真相は永遠に判らなくなった。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/05/28(金)   CATEGORY: 1954年
    【#55】島田事件
    島田事件(しまだじけん)とは1954年3月10日に静岡県島田市で発生した幼女誘拐殺人殺人死体遺棄事件である。被告人が死刑の確定判決を受けたが再審で無罪になった冤罪事件。四大死刑冤罪事件の一つ。

    概要


    1954年3月10日、静岡県島田市の快林寺の境内にある幼稚園で卒業記念行事中に6歳の女児が行方不明になり、3月13日に女児は幼稚園から見て大井川の蓬莱橋を渡った対岸である大井川南側の山林で遺体で発見された。
    静岡県警の司法鑑定医師(後の静岡県警科学捜査研究所長)の鈴木完夫は司法解剖の結果、犯人が被害者の女児の首を絞めて被害者が仮死状態になった後、被害者に対する強姦の有無は不明だが性器に傷害を負わせ、その後に被害者の胸部を凶器不明のもので打撃して殺害したと鑑定した。
    被害者の女児を誘拐した犯人の目撃情報はいずれも、スーツを着てネクタイを締めて髪を7・3分けにした、会社員または公務員に見える若い男だった。警察は幼児・児童に対する性犯罪の前歴者、精神病歴者、知的障害者の捜査対象者として捜査したが被疑者を発見することも、被疑者を特定できる情報も発見できなかった。
    1954年5月24日、当時の岐阜県鵜沼町(現在の岐阜県各務原市)で静岡県警が捜査対象者としていた精神病歴者、知的障害者であり、所在不明で事情聴取されていなかった男性(当時25歳)が職務質問され、法的に正当な理由無く身柄を拘束され、島田警察署に護送された。
    警察は男性を窃盗の被疑事実で別件逮捕し、警察の尋問室の密室の中で拷問を行い、被害者の女児を性犯罪目的で誘拐し殺害したとの供述を強要した結果、男性に被害者の女児を誘拐し強姦して性器に傷害を負わせ、胸部を握り拳サイズの石で打撃した後、首を絞めて殺害したとの虚偽の供述をさせて供述調書を作成し、その旨を報道機関に公表した。

    男性の個人的状況


    男性は軽度の知能障害と精神病歴があり、二度の自殺未遂歴と二度の窃盗の前歴があり、一回目の窃盗の時は少年院に入院し、二回目の窃盗の時は刑務所で服役し1953年7月に出所した。男性は就職しても職場に溶け込めず、他者と適切な会話や意思疎通や人間関係を形成できず、仕事に適応できずに短期で離職する傾向があり、自宅に定住せずに放浪する傾向があった。

    裁判の経過・結果


    裁判では男性は捜査段階で「警察官に拷問され、虚偽の供述をさせられたが、自分はこの事件に関していかなる関与もしていない、無実である」と主張した。裁判は下記のとおりの経過・結果になった。
    地裁公判中に裁判官は東京大学教授の古畑種基に被害者の殺害方法について再鑑定を依頼し、古畑は被害者が強姦され胸部を打撃され首を絞められて殺害されたと、男性の供述調書に適合する鑑定結果を報告した。弁護人は東京都立松沢病院医師の鈴木喬と林に男性の精神鑑定を依頼し、鈴木と林の両医師は男性は軽度の知能障害があるが、心身喪失でも心神耗弱でもなく刑事責任能力はあるとの鑑定結果を報告した。
    裁判所は軽度の知能障害があり、精神病の前歴と放浪傾向がある男性が、捜査段階で犯行を供述していることに対して、公判で無実や犯行当時のアリバイを供述することは信用性が無いと判断した。
    1958年5月23日、静岡地裁は男性に死刑判決をした。
    1960年2月17日、東京高裁は控訴を棄却した。
    1960年12月5日、最高裁は上告を棄却し、男性の死刑判決が確定した。
    1986年5月30日、静岡地裁は男性と弁護人の第4次再審請求を棄却したが、抗告審の東京高裁は再審開始を決定し、審理を静岡地裁に差し戻した。
    1989年7月31日、再審の静岡地裁は無罪判決をした。
    1989年8月10日、検察官は控訴を断念し、逮捕から34年8ヶ月後、死刑判決確定から29年8ヶ月後に男性の無罪が確定した。
    再審では弁護人は被害者の殺害方法について東京医科歯科大学教授の太田伸一郎と上田政雄の両人に再鑑定を依頼し、両教授は古畑教授の鑑定結果に問題があり、捜査段階の鈴木医師の鑑定結果を支持する鑑定結果を報告した。
    無実の人が誤認で逮捕・起訴され、死刑判決が確定後に再審で無罪判決を受けた事例は免田事件、財田川事件、松山事件に続いて4件目であった。
    確定翌日の読売新聞1989年8月11日号ではこの無罪判決の記事が男性の公園で座る姿の写真入りでトップ記事に記載され、見出しは「35年振り自由の身」と打たれた。

    その他


    この事件では、男性の犯罪の証拠とされたものは上記の事件の犯行を認めた供述調書であり、事件への関与を証明する物証に乏しかった。
    男性に供述を強要して虚偽の供述をさせた調書の殺害方法は、鈴木医師が被害者を司法解剖して鑑定した結果と異なっている。複数人の目撃証言が一致する、被害女児を誘拐して犯人と推測される男の人相・体格と、男性の人相・体格は著しく異なっているが警察は無視した。
    男性は結果として再審による無罪判決は得たが、34年8ヶ月間の身柄拘束され29年8ヶ月は死刑囚として暮らす生活を送った。
    無実の男性を犯人視して以降はそれ以外の捜査を行わなかったので、殺害事件の真犯人を探し出すことはできなかった。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。