あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 2009年
    【#107】浜松市麻雀店放火殺人事件
    浜松市麻雀店放火殺人事件(はままつしマージャンてんほうかさつじんじけん)とは2009年11月に発生した殺人事件。

    概要


    2009年11月17日 午前3時半ごろ、静岡県浜松市中区高丘東の麻雀店「金ちゃん」から出火し全焼。男性4人が負傷し病院に搬送されたものの、そのうち1人が避難する際に頭を打ち、脳挫傷で死亡。現場からは男性客3人の焼死体が見つかった。
    その後の浜松中央署捜査本部の調査によると、火元と見られる1階中央部に設置されていたストーブや電気配線の点検はしたものの、出火当時は設置されていたストーブは使用されておらず、火の気がなかったために、放火の疑いで調べており、捜査本部は「出火直前まで火の気がなく、火の回りも早かった。」と発表している。[1] さらに出火当時は、1階正面玄関は施錠されており、裏口からのみ出入り可能だったという。出火直前の午前3時ごろに2階にいた従業員が当時無人だった1階の扉の開閉する音を聞いていた。[1]
    一方で出火の約1時間前の午前2時半頃に、3人組の男が黒い乗用車を出火した麻雀店付近の駐車場にエンジンをかけたまま駐車し、近くの飲食店と出火した麻雀店を2回往復しているのを近所の人が目撃している。現場近くは深夜から未明までは人通りが少ないので不思議に感じたという。[2]
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/05/28(金)   CATEGORY: 2009年
    【#56】島根女子大生死体遺棄事件
    島根女子大生死体遺棄事件(しまねじょしだいせいしたいいきじけん)とは、2009年(平成21年)11月に発覚した死体遺棄事件である。

    概要


    ・事件発覚
    2009年11月6日、広島県と島根県の県境に近い広島県北広島町の臥龍山山頂付近で、女性の頭部が発見された。DNA鑑定の結果、10月26日から行方不明になっていた19歳の女子大生と確認された。死亡時期は約1週間前から2週間前。広島県警・島根県警は合同捜査本部を設置して残りの遺体発見、容疑者特定などの捜査を開始。11月7日に左大腿骨の一部、11月8日に両手足の無い胴体部分、11月9日に左足首、11月19日に爪が発見された。
    11月30日、女子大生が利用していた帰宅ルートから遺留品と思われる黒いスニーカーが、片方だけ発見された。警察はこれより前に捜査を行っていたため、犯人が意図的に置いたものと推測された。

    ・遺体の状況
    遺体は無惨に損壊されていた。当初は動物による損壊と思われていたが、胸や太腿の部分は犯人によって損壊された可能性が高いという。子宮も切り取られていた。顔面の損傷も遺棄した際に何かにぶつけられてできたものと思われていたが、鈍器等で殴られた可能性があるとされる。

    ・難航する捜査
    捜査本部は女子大生の帰宅ルートで通行車両などに情報提供を求めたりした。被害者の女子大生は珍しいほどの純朴な女子学生で、香川県にある地元の商業高校を卒業後は、浜田市にある島根県立大学に進学し、学業でもアルバイトでも真面目で特定の異性交遊も皆無だった。またトラブルらしきものも皆無だったため、捜査は行き詰まりを見せた。
    2010年1月20日、島根県の浜田警察署に警察庁長官が視察に訪れ、訓示するという異例の事態が起こっている。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/05/27(木)   CATEGORY: 2009年
    【#13】板橋資産家夫婦放火殺人事件
    板橋資産家夫婦放火殺人事件(いたばししさんかふうふほうかさつじんじけん)とは2009年5月に発生した殺人事件。2010年4月現在で未解決事件となっている。

    被害者 瀬田英一さんと妻千枝子さん
    13_higaisya


    概要


    2009年5月25日午前0時半ごろ、東京都板橋区の民家から出火し全焼。現場から不動産賃貸業瀬田英一さん(当時74歳)と妻千枝子さん(当時69歳)の夫婦の遺体が発見された。
    瀬田さんは地元では有名な資産家として知られた人物であり、アパートや土地など約80物件を所有しており、不動産関連の収入で生活していた。被害男性は毎晩のように夜の街にくり出し、一晩に100万を使ったこともあった。その一方で、昼は引きこもって電話に出ないこともあり、近所付き合いは少なかった。

    犯行


    ・いずれも頭を鈍器のようなもので複数回にわたり殴られた上、胸や腹を刃物で刺されていた。殴打の痕や刺し傷はともに体の前面に集中しており、2人の遺体には刃物から身を守ろうとした際にできる防御創がほとんどなかった。死因としては、瀬田さんは胸を刺された失血死、千枝子さんは胸を刺された失血と胸に血液がたまった複合死と判明している。2人の肺はいずれも煙をほとんど吸い込んでいないことから、死亡直前に放火されたとみられる。遺体周辺からは油性反応が出た。
    瀬田さんは普段外出で着用するネクタイを付けず、ワイシャツ姿でもなかったことから、捜査本部は室内でくつろいでいたところを襲われたとみている。
     千枝子さんは片方の靴を履いたままだったことから、帰宅直後に襲われた可能性が高い。千枝子さんは119番通報の約2時間前の24日午後10時半すぎ、自宅近くのパチンコ店にいたことが店の防犯カメラで確認されている。

    ・フェンスからの侵入
     板橋区弥生町の瀬田さん宅の敷地は約2000平方メートルに上り、高さ約2メートルのコンクリート塀と約1・5~2メートルの金網フェンスで囲まれている。4か所の出入り口のうち正面の2か所には、人の侵入を感知する赤外線センサーが設置され、残りの2か所は施錠されていた。
     しかし、事件発生直前の昨年5月24日夜から25日未明にセンサーが反応したような形跡はなく、裏門近くの金網フェンスの上から、足をかけた際に付着したとみられる泥が検出された。フェンスには、よしず(すだれの一種)が立てかけられ、その一部が折れていた。何者かが足をかけた時に折れたとみられている。

    ・消えた権利証
     当時、家の中には多額の現金が保管されていたとみられ、タンスが開き、居間にあったキャビネットはカギが壊され、中身が空になっていた。親族から話を聞いた結果、キャビネットには多数の不動産の権利証や指輪が入っていた可能性が高く、犯人が持ち去った疑いが浮上している。

    ・手つかずの札束
     千枝子さんと2人暮らしだった瀬田さんは、自宅周辺に広大な土地を所有し、近所や東京・池袋の飲食店で知り合った客に飲み物を振る舞うなど、資産家であることを隠そうとしていなかった。このため同庁は、金銭目的の犯行とみているが、2人の殺害場所とみられる居間の隣の居室の布団の下から現金約1000万円が手つかずの状態で見つかるなど不審な点も多い。

    犯人像


    ・関西地方の暴力団関係者が「強盗に誘われた」と供述していると、大阪府警から情報が寄せられた。捜査本部でこの暴力団関係者の周辺捜査を進めたものの現時点で容疑者には結びついていない。

    ・瀬田さんが通っていたとみられる池袋の外国人スナックのライターが落ちていた。外国人グループが瀬田さんの資産情報を把握し襲撃した可能性も浮上している。

    ・捜査幹部によると、現場には複数犯をうかがわせるようなものは確認されていない。
     現場の状況から、用心深い瀬田さんを無警戒にさせる人物、つまり顔見知りの単独犯との見方を強めている。

    2010年4月現在、未解決のままである。

    現場付近概略図
    13_hukinzu




    瀬田さん宅見取り図
    13_higaisyataku



    現場付近地図

    大きな地図で見る
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/05/27(木)   CATEGORY: 2009年
    【#1】愛知県蟹江町母子3人殺傷事件
    愛知県蟹江町母子3人殺傷事件(あいちけんかにえちょうぼしさんにんさっしょうじけん)とは2009年5月に発生した殺人事件。

    概要


    被害者
    死亡
    山田喜保子さん(母親)
    雅樹さん(次男)
    重傷
    さん(三男)

    2009年5月2日午前11時半頃、愛知県海部郡蟹江町のケーキ店に勤務する雅樹さん(次男)が出勤してこないことから、店長と同僚が2人で同本町地内(今年1月16日から市町村の統廃合により蟹江町城4丁目に変更)の自宅を訪ねたものの応答がなく、不審に思って交番に届け出たことにより、事件が発覚する。

     再び店長らと警官が自宅を訪ねてインターホンを鳴らすと、しばらくして鍵を解錠する音が聞こえた。警官が扉を開けると、玄関には憔悴しきった表情の山田勳さん(当時25歳)が首と背中から血を流し、手首を縛られた状態でぼう然としていた。このとき、警官は玄関付近の廊下でうずくまっている男を見つけて「大丈夫ですか? 出て来なさい!」と声をかけたが、反応はなかった。警官は勳さんを外に連れ出して保護。そのまま署に事件の報告、救急車の手配をしている間の約2分間に、前述の男の姿は消えてしまった。

     愛知県警は犯人の逃走から約10分後に半径8kmに渡って緊急配備を約50分間敷いたものの、「若い男」「黒っぽい服装」などの基本的な特徴を捜査員に伝えていなかったため、犯人が確保されることはなかった。
    第一のミス
    この事実は事件発覚後から6日後の8日に公表された。同署は
    「ケガをした三男の治療を優先した」
    「現場保存や鑑識活動を慎重に行う必要があった」
    「公表しなかったのは捜査上の秘密と判断した」
    「住民を混乱させたくなかった」
    「確実な情報ではなかった」と説明。初動捜査のミスを認めていない。


     その後の警察の調べによると、三男の勳さんは前日午後7時50分頃まで勤務先の清涼飲料関係会社で仕事をしたあと、一旦8時頃に帰宅。服を着替えて友人と飲みに出かけ、深夜2時半頃に帰宅して玄関で靴を脱いでいたとき、背後から男に襲われ、着ていた服をたくし上げられたあとに手首を電気コードのような物で緊縛された。勳さんは「犯人ともみ合いになった際、一度刃物を奪った。足に当たったかもしれない」と話している。犯人は血液の付着した包丁や遺留品の一部を脱衣所の洗面台で洗い、浴槽に水を溜めて衣類を洗い流した。さらに洗濯機にはTシャツやタオルが放り込まれていた。勳さんの証言によれば、長時間居座り続ける犯人に理由を尋ねたところ、「血の付いた服を洗うまで帰れない」と答えたという。洗濯機が動いていたという証言から、犯人は出血したため、または返り血を洗い流すため、自分の衣服を洗濯したものと見られている。追加の洗濯物は洗い忘れたか、時間がなかったか、どちらかの理由によると見られている。

     そして、同自宅の1階からは、ケーキ店勤務の次男・雅樹さん(当時26歳)が顔を激しく殴打されて背中を刺された上に、首を絞められた状態で亡くなっているのが発見された(死因は左肺動脈切断による出血性ショック)。

    第二のミス
    次男発見後、警察による公式発表があり、一部マスコミの速報では「3人暮らしの母親が行方不明」とされたため、母親を逃走中の犯人のごとく扱う報道まであった。しかし翌日、1階の押し入れの中から母・喜保子さん(当時57歳)の遺体を発見された。特別捜査本部は「犯人の遺留品と証拠収集に神経を使い、優先したため」と説明した。


     検視の結果、喜保子さんはモンキーレンチ(スパナ)で複数回に渡って強打され、頭蓋骨まで砕けていたという(死因は外傷性脳障害)。さらにヒモ状の物で首を絞められ、両腕には抵抗したときについたと見られる打撲痕、背中には鈍器による擦過傷(当初は「刺し傷」と発表されていた)が残されていた。そして、母殺害後に殺されたと見られる飼い猫と一緒に、押し入れの中に肌着1枚の姿で隠されていたという。遺体は毛布でくるんであったが、これは犯人の良心ではなく、自分の手や着衣を汚すのを嫌ったためではないかと思われる。喜保子さんは1日の午後9時頃に友人と電話で話していて、日頃は9~10時に就寝する習慣があったため、就寝直前に襲われた可能性が高い。また、雅樹さんは9時半頃に自宅から約8km離れた職場を出ているので、車で帰宅した推定時刻は9時45分頃。警察の調べにより、10時に同僚の女性が携帯電話に連絡したものの、応答がなかったことが分かっているため、すでにこのとき殺害されていたものと見られている。

     わずか1時間足らずの間に家族2人を殺害した犯人は、その4時間半後に帰宅した勳さんを襲い、さらに約10時間も居座り続け、喜保子さんが息子たちのために作った食事をすべてたいらげている。勳さんが目を醒ましたとき、「早く帰ってくれ」と告げたが、犯人は「まだやることがある」と答え、母と次男が殺されたことを聞かされた勳さんが動機を聞くと、"たまたま金目当てで襲った"という意図の返事だったという。この会話で勳さんが気付いたのが、犯人は外国人のようなイントネーションの話し口調だったこと。そして、顔も一瞬だけ目に入ったが、顔見知りではなかったということ。結局、犯人は3人の財布から現金を抜き取ったものの(当初の発表では「現金は手付かず」とされていた)、喜保子さんのタンス預金60万円は見つけることができなかった。

    2009年12月9日に捜査特別報奨金制度に指定された。

    犯人像


    ・年齢
    20歳代
    ・血液型
    O型(後述の食事に残っていた唾液から)
    ・身長170~175cm
    ・体格
    中肉中背
    ・髪型
    坊主頭を伸ばした感じ
    ・その他
    外国人のようなイントネーションの日本語で話す

    ・パーカー(前面に「who involves」ほか英語の長文/色はMOKU GRAY/サイズLL/03年11月~04年2月に全国の大手スーパーで約450着を販売/価格1,029円)、マスク(使い捨ての不織布マスク)
    ・被害者宅に長期間滞在、家人が用意していた食事を食べた形跡、血液が付着した自分の衣類を洗濯機で洗った形跡、飼い猫も惨殺

    犯人の遺留品


    ・モンキーレンチ(商品名は「ワイドモンキレンチ・エコワイドHY42」/2005年12月~全国のホームセンター・工具店などで発売中/価格5,010円)
    ※国内で約3000本が流通しているが、工場に納入されるもので小売店で扱っていない物の情報もあり。
    ・クラフトナイフ(サイズL型/79年7月~全国のホームセンター・工具店・文具店などで発売中/価格630円)
    ・紳士用ジャージ二重手袋(全国のスーパー・ディスカウントショップなどで発売中/価格1,000円程度)

    1_gennbatizu

    1_supana.jpg
    1_mitorizu.jpg
    1_pakar.jpg文字色
    1_knife.jpg
    1_jikenokeika.jpg
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。