あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/05/28(金)   CATEGORY: 1987年
    【#42】群馬小2女児殺害事件
    群馬小2女児殺害事件(ぐんましょうにじょじさつがいじけん)とは1987年に発生した殺人事件。

    概要


    1987年9月15日、群馬県尾島町に住む小学校2年生大沢朋子ちゃん(当時8歳)が子猫を抱いて自宅近くの尾島公園へ遊びに出かけたまま行方不明になる事件が発生。

    午前11時ごろ子猫を抱いて自宅近くの尾島公園に。午前11時半ごろに公園から600m離れた町道を朋子ちゃんが自転車を押した男に連れられて歩いているのを同級生や町民が目撃。Tシャツにスカートでサンダル履き。子猫は抱いていなかった。

    1988年11月27日、公園から約3キロ離れた利根川河川敷で釣り人が散乱した子供とみられる白骨死体の一部を発見。白骨死体は頭蓋骨を中心に、2~3メートルの範囲に散乱していたが、両腕の肘から先と両脚の膝から先が発見されなかった。警察は最後の目撃現場から近い場所であったこと、行方不明の時期と死亡推定時期がほぼ一致すること、白骨死体の血液型が朋子ちゃんと同じであったことから、白骨死体は行方不明となった朋子ちゃんである断定した。遺体発見現場から着衣など遺留品はほとんど無かった。
    捜査当局は延べ約5万9000人の捜査員を投入。捜査対象は約780人に及んだが容疑者を特定できず、2002年9月15日に公訴時効が成立し、未解決事件となった。

    犯人像


    30歳前後、髪はぼさぼさで白髪交じり、自転車は前かごがついていないタイプ

    その他


    身代金目的の誘拐殺人事件としては戦後日本では捜査機関が犯人を特定できなかった唯一の未解決事件となった功明ちゃん誘拐殺人事件がこの事件の現場から約30キロほどの距離だった群馬県高崎市でこの事件の前日(9月14日)に発生し、同じ時期に公訴時効を迎えている。
    1988年8月22日から東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件を起こしていた宮崎勤は3人目の女児を殺害した後で、1989年3月11日に「今田勇子」名義で犯行声明ともとれる告白文を朝日新聞本社と殺害された女児の家に送っているが、その告白文で昨年1988年に河川敷で白骨遺体が発見された群馬小2女児殺害事件について触れている。宮崎勤が犯した4事件の内の2事件が白骨遺体が両腕の肘から先と両脚の膝から先が分かれていたことや白骨遺体の現場が河川敷だったことなど、群馬小2女児殺害事件と共通点があった。そのため群馬小2女児殺害事件を宮崎勤の犯行と疑うメディアもあったが、殺害時期が宮崎勤の第1の殺害事件から1年近く前であることや事件現場がやや離れていることなどの問題があり、また宮崎勤と結びつける証拠がみつかなかったため宮崎勤の犯行としては立件されなかった。
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-0 ] page top

    COMMENT

     管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK
    TB*URL
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。