あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/06/02(水)   CATEGORY: 1996年
    【#81】坪野鉱泉失踪事件
    1996年(平成8年)5月5日に氷見市在住の女性2名が家族に「肝試しに行く」と告げて外出し、友人のポケットベルに「魚津市へ行く」と言い残したまま失踪した事件が発生した。

    概要


    富山県警察は行方不明になった魚津市には廃墟となった坪野鉱泉旅館跡に出向きその後失踪という結論に至り、事件・事故の両面から捜査を行ったが事件から1年後である1997年(平成9年)5月4日時点で手がかりが何もないことが『読売新聞地方版・富山よみうり』にて、「少女不明から1年」と題して2日間に渡って地域ニュースの特集記事として報じられた[2]。
    紙面では更に、女性の片方が所有し失踪当時運転していた乗用車が発見されないことから県警ヘリと山岳捜索隊を組織し崖下など車が転落しそうな地点を捜索したが発見に至らず、当時の坪野鉱泉が暴走族のたまり場であったことから事件に巻き込まれた可能性もあるとしている[2]。
    また、記事中では、
    坪野鉱泉旅館跡地は週末になると石川県、新潟県、福井県、岐阜県など他県からの暴走族が集会に集まる場所となっていること
    地元民から治安上不安な場所として不安視される声が出ていること
    敷地内はガラスが割られ、落書きされ、立ち入り禁止を示すロープなどは切断されるなど危険な場所となっていること
    などが紹介されている[2]。
    本事件は、その他に、乗用車が新湊の海岸で発見された[要出典]との情報があり、北朝鮮拉致説もある。
    スポンサーサイト
    [ TB-0 | CO-0 ] page top

    COMMENT

     管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK
    TB*URL
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。