あんくり
    Uncleared Crimes=未解決事件
    DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1959年
    【#111】BOACスチュワーデス殺人事件
    BOACスチュワーデス殺人事件(ビーオーエーシースチュワーデスさつじんじけん)とは1959年3月10日、東京都杉並区の善福寺川(大宮八幡宮近くの宮下橋)でBOAC航空(現ブリティッシュ・エアウェイズ)の日本人女性客室乗務員(当時27歳)が扼殺死体で発見された事件である。

    概要


    被害者の交友関係からベルギー人の神父が捜査線上に浮かんだが、弁護人とバチカン大使館一等書記官の立会いのもとでの5回に渡る事情聴取では進展がなく、6月11日、神父は病気療養のため、正規の出国手続を経てベルギーに帰国した[1]。事件はその後迷宮入りとなり、1974年3月10日公訴時効を迎えた。

    著名作家の見解


    三浦朱門は「もし当の神父が事件に無関係なら、なぜ積極的に警察に援助しないのだろう」と述べた[2]。 田中澄江は5月27日に神父を見舞い、被害者の立場にたった現在の心境をのべてもらった。「流暢な日本語である。…事実を曲げた猥雑なペンの暴力にもめげず、澄んできれいな目の色であった。」「警察が、調べる義務があると言えば、幾度でも出頭して、殺人者と見ようとする疑問に答えなければならない。」と著わした[3]。遠藤周作は「(マスコミは)あたかも彼が真犯人であるかのごとく、その写真を掲載したりその名を発表した。一種の人権蹂躙。」「突然の帰国は一般の日本人の根のない疑惑をさらにふかめる原因となった」と述べた[4]。
    松本清張はこの事件に関し『スチュワーデス殺し論』[1](ノンフィクション)を婦人公論に著し[5]、事件をモデルに小説『黒い福音』を執筆した。また捜査を担当した平塚八兵衛が退職した1975年、彼の捜査した事件の解説記事が毎日新聞と産経新聞に連載された[6][7]。後年にも井出孫六が取り上げた[8]。
    東京都監察医務院長で作家の上野正彦はその著書で「腕で首を絞めるのは外国人にみられる特徴」だと自身の監察医の経験から述べている(日本人の殺人では素手で相手の首を絞めて窒息しさせる場合、ほとんど指でつかんで締めている)。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1993年
    【#110】阪和銀行副頭取射殺事件
    阪和銀行副頭取射殺事件(はんわぎんこうふくとうどりしゃさつじけん)とは1993年に起こった殺人事件。2008年8月、公訴時効を迎えた未解決事件

    概要


    1993年8月5日午前7時50分頃、阪和銀行副頭取(当時62歳)が和歌山市の自宅から出勤するため、ハイヤーに乗り込んだところを男に拳銃で撃たれ死亡した。
    犯人の男は年齢40才程度、身長165センチから170センチ、服装はうす緑色の作業服上下を着て、サングラスと白いヘルメットを被っていた。
    4年後の1997年、阪和銀行が複数の暴力団・右翼団体などの反社会団体に対して不正融資を行ったとして、和歌山県警に特別背任容疑で阪和銀行幹部が逮捕される。不正融資事件の捜査の結果、警察は阪和銀行が「特殊案件貸し出しリスト」を作成していたことを見つけ、暴力団・右翼団体などの反社会団体に総額14億5000万円の不正融資をしていたことが発覚した。この不正融資事件には殺害された副頭取も嫌疑にかけられていたが、死亡していたため書類送検止まりで起訴されなかった。
    警察は不正融資事件と副頭取射殺事件が結ばれているとして捜査を進める。また、犯人は銃の扱いに慣れていること、阪和銀行の不正融資が射殺事件に関連しているとして、暴力団や右翼団体などの闇社会の犯行を視野に捜査を進めるが、物証が少なかったために犯人特定ができなかった。
    2008年8月5日、公訴時効が成立。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 2001年
    【#109】阪急南茨木駅前路上スーパー店員強盗殺人事件
    阪急南茨木駅前路上スーパー店員強盗殺人事件(はんきゅうみなみいばらぎさつじんじけん)とは2001年5月に大阪府茨木市天王2丁目で発生した、強盗殺人事件である。
    なお、強盗または殺人容疑の犯人は逃亡生活中のために逮捕されておらず、2010年4月現在で未解決。捜査特別報奨金制度対象事件に指定されている。

    概要


    2001年5月1日午前8時10分頃、阪急京都線南茨木駅前にあるスーパーマーケット『阪急共栄ストア南茨木店』(現阪急オアシス南茨木店)の東側路上で、同店勤務の被害者の店員の男性(当時33歳)が、倒れているのを別の店の店員が発見、店員の男性は左胸を鋭利な刃物で一突きされており、出血多量で収容先の病院で死亡した。
    凶器は見つかっておらず、店内に物色痕などがあることから大阪府警捜査一課と茨木警察署は強盗殺人の疑いもあるとみて捜査。
    午前10時の開店準備のため、男性の店員は同店東側の商品搬入用出入り口付近の歩道で作業中だった。
    目撃者らの話では、犯人の男が店外にいた男性の店員の腕をつかんで激しく口論。
    振りほどいて店内に逃げ込もうとした男性の店員をさらに捕まえて歩道に引き戻し、犯人は、いきなり店員を刃物で刺して逃げたという。

    不審者


    事件の直前、同ビル2階の事務所近くで、店員の男性がこの男に壁に押し付けられていたのを別の従業員が目撃しているが、男の方から「おはようございます」と声をかけて来たので、この従業員は「出入り業者か」と思ったという。
    同一とみられる男と男性の店員が、店から約50メートル南にある別のビル内にある従業員用更衣室付近の廊下を歩いているのを、店長が見ている。
    不審者の身長165~170センチ、紺色ジャンパーに黒色ズボン、白マスクでがっちり型、髪形は白髪まじりのオールバックの事件当時は30歳から50歳位を特徴としている(かなり返り血を浴びている可能性がある)。
    目撃証言が多く、不審者の似顔絵が複数作成されている。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 1985年
    【#108】パラコート連続毒殺事件
    パラコート連続毒殺事件(-れんぞくどくさつじけん)とは、1985年4月30日から11月17日の間に日本各地で発生した、無差別毒殺事件。全て未解決。
    関連事件34件(模倣犯を含む)のうち、13人が死亡。

    パラコート


    パラコートは除草剤。当時24%濃度の液剤が市販されており、18歳以上で印鑑さえ持っていけば農協などで買うことができた。致死量は15CC。

    概要


    全て1985年。年齢は、全て当時のもの。
    確認されている犠牲者 [編集]
    全12件。死者は12名。
    使われたのは、オロナミンC6件、コーラ2件、リアルゴールド2件、不明2件。毒物はパラコートが多いが、1件のみジクワットが使用されている。
    いずれも自販機(自動販売機)に置いてあったドリンク(飲料)に、毒物が混入されていた。取り出し口が最も多いが、「自販機の上」、「自販機の下」というケースもある。
    4月30日、広島県福山市の自販機
    トラック運転手(45歳)がドリンクを購入した際、自販機の上に置かれていたオロナミンCを飲む。
    5月2日に死亡。運転手の嘔吐物から、除草剤であるパラコートが検出。
    9月11日、大阪府泉佐野市の自販機
    男性(52歳)が釣りから帰る途中、オロナミンCを購入。取り出し口にすでに同じ商品があることに気づき、2本とも持ち帰る。
    帰宅後に飲み、9月14日に死亡。飲み残しのオロナミンCからパラコートを検出。
    9月12日、三重県松阪市の自販機
    大学生(22歳)が、自宅近くでリアルゴールドを購入。取り出し口にすでに同じ商品があることに気づき、2本とも持ち帰る。
    帰宅後に飲み、14日に死亡。検出された毒物はジクワット。
    9月19日、福井県今立町(現:越前市)の自販機
    男性(30歳)が自販機の下にあったコーラを飲んだところ、気分不調を訴えて病院に駆け込んだ。
    9月22日に死亡。胃洗浄、飲み残したコーラの両方から、パラコートを検出。
    9月20日、宮崎県都城市の自販機
    男性(当時45歳)が自販機で飲み物を買おうとして、取り出し口にリアルゴールドが2本あるのを見つけて持ち帰る。
    帰宅後に飲んだところ、気分不調を訴える。9月22日に死亡。飲み残したリアルゴールドから、パラコートを検出。
    9月23日、大阪府羽曳野市の自販機
    男性(50歳)が飲み物を買おうとして、取り出し口にオロナミンCを2本見つけ、持ち帰る。
    9月25日の午前中に飲む。翌日に容態が急変し、10月7日に死亡。
    10月5日、埼玉県鴻巣市の自販機
    男性(44歳)が飲み物を買おうとして、取り出し口にオロナミンCが2本あるのを見つけて持ち帰る。
    翌日飲み、10月21日に死亡。飲み残しのオロナミンCよりパラコート検出。
    10月15日、奈良県橿原市の自販機
    男性(69歳)が、取り出し口にドリンクが2本あるのに気づき、持ち帰る。
    帰宅後に飲み、11月13日に死亡。飲み残しのドリンクからパラコート検出。
    10月21日、宮城県
    男性(55歳)が同様に死亡。
    10月28日、大阪府河内長野市の自販機
    男性(50歳)が、取り出し口のオロナミンCを見つけて飲み、死亡。
    11月7日、埼玉県浦和市(現:さいたま市)の自販機
    男性(42歳)がオロナミンCを購入。取り出し口に2本あることに気づき、両方とも持ち帰る。
    帰宅後に飲み、11月16日に死亡。
    11月17日、埼玉県児玉郡の自販機
    女子高校生(17歳)がドリンクを購入した際、取り出し口にあったコーラを見つけて持ち帰る。
    コーラを飲んだ一週間後に死亡。飲み残しのコーラからパラコート検出。
    この時は、業者から「事件についての注意書き」が自販機にしてあった。
    事件を受け、オロナミンCを販売する大塚製薬は、瓶容器の形状をねじ回し方式からプルトップ方式に改良した。
    自殺の可能性もある犠牲者 [編集]
    7月11日、京都府福知山市
    男性(48歳)がパラコート入りのドリンクを飲み、死亡。
    模倣犯 [編集]
    いずれも東京都。死者は無し。
    9月17日、港区
    画廊に勤める女(34歳)が、画廊の経営者と支店長に青酸化合物入りのコーヒーを飲ませ殺害を図ったが、未遂に終わり、逮捕された。
    女は会社の金を使い込んでおり、事実が発覚するのを恐れたため、犯行に及んだ。
    9月25日、世田谷区上北沢の自販機
    ドリンクを飲んだ大学生が、「変な味がする」と警察に訴える。
    石灰硫黄合剤が含まれていたことが判明。犯人は不明。
    9月27日、北区の自販機
    ドリンクを飲んだ女性(44歳)が、「変な味がする」と警察に訴える。
    石灰硫黄合剤が含まれていたことが判明。犯人は不明。
    自演 [編集]
    9月27日、東大阪市の自販機
    中学生が、ドリンクを飲んで「変な味がする」と警察に訴えて入院。
    後に、自らが殺虫剤を混入し、飲んだことが判明。
    動機は、「連続事件の犠牲者として入院すれば、同情したクラスメイトらが見舞いに駆けつけてくれる」というもの。
    期待に反し、クラスメイトは誰も見舞いに来なかったという。
    9月30日、福井県の自販機
    男(22歳)が、「変な味がする」と警察に訴える。
    世間から同情してもらいたくて、自らが殺虫剤を混入していたことが発覚し、逮捕される。
    12月11日、群馬県沼田市の自販機
    ドリンクを飲んだ中学生が、混入していたパラコートにより倒れる。
    後に、自ら飲む寸前にパラコートを入れ、自殺を図っていたことが判明。
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: 2009年
    【#107】浜松市麻雀店放火殺人事件
    浜松市麻雀店放火殺人事件(はままつしマージャンてんほうかさつじんじけん)とは2009年11月に発生した殺人事件。

    概要


    2009年11月17日 午前3時半ごろ、静岡県浜松市中区高丘東の麻雀店「金ちゃん」から出火し全焼。男性4人が負傷し病院に搬送されたものの、そのうち1人が避難する際に頭を打ち、脳挫傷で死亡。現場からは男性客3人の焼死体が見つかった。
    その後の浜松中央署捜査本部の調査によると、火元と見られる1階中央部に設置されていたストーブや電気配線の点検はしたものの、出火当時は設置されていたストーブは使用されておらず、火の気がなかったために、放火の疑いで調べており、捜査本部は「出火直前まで火の気がなく、火の回りも早かった。」と発表している。[1] さらに出火当時は、1階正面玄関は施錠されており、裏口からのみ出入り可能だったという。出火直前の午前3時ごろに2階にいた従業員が当時無人だった1階の扉の開閉する音を聞いていた。[1]
    一方で出火の約1時間前の午前2時半頃に、3人組の男が黒い乗用車を出火した麻雀店付近の駐車場にエンジンをかけたまま駐車し、近くの飲食店と出火した麻雀店を2回往復しているのを近所の人が目撃している。現場近くは深夜から未明までは人通りが少ないので不思議に感じたという。[2]
    [ TB-0 | CO-0 ] page top
    copyright © あんくり all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。